ウォーターサーバーの家庭用比較ガイド

ウォーターサーバー家庭用比較ガイド

ウォーターサーバー家庭用と業務用では何が違うの?

何年か前から、オフィスや店舗などで、ウォーターサーバーを見かけることが多くなりました。

 

最近では、オフィスや店舗だけではなく、ご家庭用のウォーターサーバーも登場し、導入しているご家庭も増えています。

 

この人気が集まっている、ウォーターサーバー家庭用と業務用とでは、どのような違いがあるのか、わからない方がいらっしゃるかと思います。

 

まず、ウォーターサーバー家庭用と業務用との違いは、利用頻度と用途の幅ではないでしょうか。

ウォーターサーバーの業務用は、不特定多数の人が利用するのに対して、ウォーターサーバー家庭用は使うご家庭の人達にほぼ限られ、飲料用としてだけではなく、料理をつくる際にも利用できます。また、業務用はオフィスや店舗などでは、ドリンクの自動販売機の代わりとして利用される目的もあります。

 

ウォーターサーバーは、お湯も使うことができるので、家庭用の場合、小さいお子さんの安全面にも考慮した、チャイルドロック機能を備えているものが多くありますので、安心です。

 

それから、業務用のウォーターサーバーは、スペースの制約を受けないので、大型でメンテナンスが必要なものが多いのに対して、家庭用は、日本の住宅事情にも考慮したコンパクト設計になっています。

 

それ以外での機能や、基本的な利用法、業者のサービス内容、そして、どちらも家庭用の電源が使えるということで、ウォーターサーバーにおける業務用と家庭用とでは、大きなちがいは見受けられません。

 


ウォーターサーバー家庭用の電気代はいくらぐらい?

最近人気で、注目を集めているウォーターサーバー家庭用。安全でおいしい天然水やミネラルウォーターがいつでも飲めます。さらに、冷水とお湯がいつでも使えるというところがうれしいですよね。

 

人気が出てきてるので、導入するご家庭が増えるのも、うなずけます。

 

さて、冷水とお湯がいつでも使えるということは、ウォーターサーバー家庭用は24時間電源を入れっぱなしで、電気を使うということになります。

 

その、電気代はどれくらいかかるのか、気になるところですよね。

 

業者により若干変わりますが、ウォーターサーバー家庭用の電気代は、月々平均1000円前後です。

 

これは、電気ポットを24時間、お湯を保温し続けて使ったときの、およそ半分の電気代です。

 

冷水やお湯を24時間使えて、この電気代ですよ。しかも、お湯を沸かす手間も、待ち時間もありません。

参照:https://www.water-land.net/

 

電気ポットは、お湯しか使えないのに、ウォーターサーバー家庭用は1台で2役も3役もこなして、電気ポットのおよそ半分の電気代で済むのです。
家族3人以上のご家庭なら、この電気代は安いですよね。
飲料用としてだけではなく、ドリンクを作ったり、お料理にも使えるので、なにかと忙しい主婦には、大助かりですよね。

 

それで、ほとんど電気代のことは気にしなくていいなんて、ウォーターサーバー家庭用は、うれしいことだらけですよね。

 

これは、断然ウォーターサーバー家庭用を導入したほうが、使い勝手はいいのでお得ですよ。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ