カードローンには担保が必要ない理由は?

きちんとした消費者金融では担保が必要ない代わりとして絶対に審査を受けなくてはいけませんから、査定を受けることなく金を貸してくれるところはあるはずがありません。
街中の消費者金融の看板表記の中に、無担保、無審査でお金を貸しますと表現している告知看板もたまにみますが、これは明らかに違法に業務を行っている金融業者ですから、お金を借り入れてしまったら、法律の規定金利以上の額を請求されますので、注意した方がいいです。
「カードローンのカード持ってる? あれ、繰上げで一括返済ができるんだよ」と会社の先輩に言われました。
同僚の奥さん(奥さんも同じ会社)が家族に内緒でカードローンでカードローンしており、勤め先の定期代まで返済に充て資金繰りに苦労していたのを見て、ああいうのは困るなと思ったからだそうです。
カードローンでお金を借りるときは、現金に『借入』のハンコは押してないですから、お金を借りている緊張感や数字に対する意識が薄れてしまうのかも。
安易にダメとか怖いものとは言いませんが、自覚していないと危ないと思いました。
近年のカードローン(キャッシング)は昔に比べ、ネット普及の恩恵も受け、飛躍的に便利になりました。
特にすごいのは、窓口に行かずにインターネットだけで申込・審査・融資の一連の手続きが終わることだと思います。
上限30?50万円程度の小規模融資なら運転免許証や社員証などを写メやアプリで送信することで契約できるようです。
手続きを終えたら自分の口座に振り込みされているはずなので、あとはATM等を使ってお金をおろすだけです。
ただ、コンビニATMでは記帳ができないので、カード会社のWEB明細等でローンの履歴はきちんと把握しておきましょう。

みずほ銀行カードローン専業主婦の審査基準とは?【専業の条件!】